治療院 咲々 (さくさく)
仙台市青葉区春日町7-19
法務局ウラ
TEL 022-265-0588

井穴刺絡

ドイツ振動医学

セルフケア

関連情報


問合せ

お気軽にご質問下さい。

メール送信へ

リンク

このブログをリンクに追加する

###

Powered by FC2ブログ All Rights Reserved. / Template by chocolat*
HOME>トリガーポイント治療

トリガーポイント治療とは


463_thumb.gif30代半ばの男性が腰痛で
お見えになりました。

ひととおりの治療を終え、確認のため 
股関節を回旋させると痛そうな顔をします。

「この股関節の痛みはずっとなんです。
高校生の時、サッカーをやっていて、トラップの時、
足を広げると腿の付け根あたりが痛くなって、
それ以来、この痛みはとれないんです。」  

「どこへ行っても治らないから、
もうあきらめてます。ずっと、あぐらもかけないし」

・・・・

数分後、
その股関節の治療を終え、
同じように回旋させました。

すると、痛みがなく、あぐらもかけるように。

「もう一生、あぐらはかけないと思ってました。」
そう、喜んでくれました。 

・・・・

この方の股関節の痛みは、腿の付け根の筋膜が、
直線状に固まっていたこと、が原因です。

これは、レントゲンやMRIでは分かりませんが、
触れば、患者さんが痛がるのでわかります。

筋膜の固まりを
元の弾力性のある状態に戻して治しました。


===== 


筋肉は使いすぎたり
事故などで突然強い力が加わったりすると
筋肉の中に、小さいしこりのようなものが
できます。

このしこりをトリガーポイントと呼びます。

「痛みを引き起こす(トリガー) 場所(ポイント)」
の意味です。
触るとゴリゴリし、押して痛いところです。

できたてのものや、軽いものは
自然に治っていきます。
沢山できたり、 長期間続くと、
治りづらくなります。

症例の男性の場合、原因になったのは
内転筋のトリガーポイントです。

運動選手やバレエのダンサーなど
股関節を強く広げる動作の多い方に
できやすくなります。

そして、
たったひとつのトリガーポイントのせいで
何年も苦しむことになっていました。


=====


なぜこの方が何年も治らなかったのでしょうか。

それは、筋肉を診なかったからです。

腰痛でも肩の痛みでも、整形外科に行くと、
レントゲンやMRIで骨や関節に異常がないか調べられます。

このように 骨や関節などの損傷が痛みの原因であるとする考えを
「損傷モデル」といいます。


ところが、事故やスポーツ障害を除くと、
「損傷モデル」が当てはまらないケースのほうが多いのです。


2013年に、「クローズアップ現代」で 整形外科学会の先生が
「腰痛の85%は原因不明」と言ってました。

原因がわからず治療されたら、何年間治らなくても、不思議ではありません。


=====


ところで、
ケネディ大統領がひどい腰痛で悩まされていたのはご存知でしょうか?

その主治医として、ケネディの腰痛を治したのが   
トラベル博士という女医さんでした。
  
トラベル博士は、筋肉にできたトリガーポイントが 
肩や腰の痛みをはじめとし、頭痛・腹痛・めまい・耳鳴り・不眠など
様々な症状を引き起こすという多くの論文を発表。

トリガーポイントに起因する一連の症状を
 「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)」 と 名づけました。


トラベル博士は

「ペインクリニックで診断されるケースの
93%はトリガーポイントに関連しており、
85%はトリガーポイントのみが原因になっている」

と断言しています。

つまり、腰痛などの85%は
トリガーポイントの治療だけで治るということです。

かたや、85%は原因不明と言い、
かたや、85%はトリガーポイントだけが原因と言います。


筋肉に目を向けるかどうかで、こうも違ってきます。


=====


最近、多くの研究結果により損傷モデルが否定され始めています。


日本でも、トリガーポイント治療が積極的に行われ始めています。


それでも、世の中の主流は「損傷モデル」です。

痛みの原因をレントゲンやMRIだけで調べる、
すべての原因を骨や関節のせいにする、
原因が分からなければ、いつまでも保存療法を繰り返す、


そうしているうちに、 何年も痛みで苦しむ人々が増えてしまうのです。


「損傷モデル」が見直されることは当分なさそうです。

ひとりひとりが正しい情報を知ることが重要です。  








 
【2013/11/30 14:29】 トリガーポイント はじめに | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ドイツ振動医学 はじめに | BLOG TOP | 腰痛が治らない理由>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://sakusaku0308.blog.fc2.com/tb.php/5-a13d457c


このページの先頭へ