治療院 咲々 (さくさく)
仙台市青葉区春日町7-19
法務局ウラ
TEL 022-265-0588

井穴刺絡

ドイツ振動医学

セルフケア

関連情報


問合せ

お気軽にご質問下さい。

メール送信へ

リンク

このブログをリンクに追加する

###

Powered by FC2ブログ All Rights Reserved. / Template by chocolat*
HOME>トリガーポイント治療>トリガーポイントの治し方

トリガーポイントの治し方

462_thumb.gif
トリガーポイントを治療する方法には、
局所麻酔を注射するトリガーポイントブロックや、
鍼での治療などがあります。

トリガーポイント治療では、一時的に痛みを止めることも重要ですが、
それ以上に望ましいのは、トリガーポイントをなくす(=リリースさせる)ことです。


当院では、手技のみでトリガーポイントの治療を行います。

トリガーポイントは、筋肉や筋膜の一部が固まったものです。
手で伸ばして元の状態に戻していきます。


痛みを引き起こすトリガーポイントには、 大きく3種類のタイプがあります。


①一般的なTP

最も頻繁に見つかるもので、触ると痛く、コリの固まりのようになっています。

手技で行う場合、 トリガーポイント圧迫といって、
トリガーポイントの中心を押さえこみ 、
四方にストレッチさせるようにしてリリースさせます。

手で触るわけですから、
トリガーポイントを確実に把握でき、 リリースの有無もわかります。

この時、重要なのは、 最も、痛みが出るような姿勢や、方向で押すこと。


②付着部TP

筋肉の腱や靭帯が骨に付着する部分で硬い点のようになったものです。 
1~2 mm位の硬い粒のようになっています。 

骨の表面を押していくと、痛がるのでわかります。 
体中の至る所に見られ、骨が痛みを出しているように思う方も。 

患者さんに痛む箇所を尋ねると、指1本で患部を指し示します。 

治療は押しつぶすような気持ちで行います。
 

③ライン状のTP

すこぶる多いのは、 ライン状に筋膜が固まっているものです。

これをトリガーポイントというのが妥当かどうかわかりません。  
まるで、ガムテープがきつく貼られているような状態で
短いものから、長いものまであります。

いろいろな治療を受けても治らないというケースでは
このタイプのものが原因になっているケースが多々あります。  

(”トリガーポイントはじめに”で紹介している方もこのタイプです)

患者さんが痛みを表現する時は、そのライン上を撫でるような仕草を行います。

手で治療する場合、 そのライン上に、指をめり込ませ、
ガムテープをはがすように、滑らせていきます。



①の一般的なTPの場合は、注射や鍼でも治療できると思います。
②や③の場合、手技でなければ、相当難しそうに思えます。

このことが、手技治療を行う一番のメリットと思われますが、
さらに、以下の長所もあります。


1. 安全であること

皮膚の上から刺激を与えるだけですから、
注射や鍼のように、 体内の組織(血管や神経)を
傷つける危険性はありません。

後遺症や薬物の副作用などの心配がありません。


2. たくさんのTPの治療ができること

症状のひどい人は、
圧痛箇所も多く、治療部位も広範囲にわたります。

注射でTPの治療をする場合、
局所麻酔を使いますから、使用できる薬剤の上限があります。
そのため、同時に大量のTPの治療はできません。

手技で行なう場合、何かを準備する必要もなく
短時間でたくさんのTPをリリースさせることができ、
効率のいい治療となります。


トリガーポイントは手で治療するのが合理的だと思いますが、いかがでしょうか。







【2013/11/30 13:33】 ・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<腰痛が治らない理由 | BLOG TOP | トリガーポイント治療のご案内>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://sakusaku0308.blog.fc2.com/tb.php/182-614495b5


このページの先頭へ