FC2ブログ
       
治療院 咲々 (さくさく)
仙台市青葉区春日町7-19
法務局ウラ
TEL 022-265-0588

井穴刺絡

ドイツ振動医学

セルフケア

関連情報


問合せ

お気軽にご質問下さい。

メール送信へ

リンク

このブログをリンクに追加する

###

Powered by FC2ブログ All Rights Reserved. / Template by chocolat*
HOME>トリガーポイント治療>腰痛が治らない理由

腰痛が治らない理由


455_thumb.gif◎ 整形外科の「損傷モデル」という考え方

腰痛で、整形外科に行くと、
レントゲンやMRIで骨や関節に異常がないか調べられます。

ヘルニアや骨棘などの変形があれば
それが神経を圧迫して痛みが出るとされます。

その痛みが腰、臀部、足などにでると、
坐骨神経痛などと言われます。

このように
骨や関節などの損傷が痛みの原因であるとする考えを
「損傷モデル」といいます。
 

◎ 損傷モデルの疑問 

ところが、最近、多くの研究結果により損傷モデルが否定され始めています。

国際腰痛学会などの調査で以下のことがわかっています。

・腰痛を感じてない4000人のうち76%にヘルニアが見つかった
・ヘルニアの90%は手術しなくても自然に治る
・ヘルニアは手術しようとしまいと、4年後の改善率は同じ
・腰痛患者と健常者のレントゲンを比較しても、
  腰椎や脊柱管が変形している度合は同率


2011年、厚生労働省は腰痛の調査レポートで
「MRIやレントゲンで骨の変形を調べても、腰痛の原因とは特定できない」
と認めています。


さらに、腰以外でも

・膝の痛い人100人と、痛くない人100人を調べたところ、  
  双方とも、60%に半月板損傷がみられた
・65歳以上の半数は肩の腱板に断裂がある


これらの数字を見ると、
ヘルニアや骨の変形は腰痛と関係ない、
半月板の損傷や腱板断裂は痛みと関係ない、

そう、解釈するのが自然ではないでしょうか。


◎ 損傷モデルの実態

にも拘わらず、
骨や関節の変形がみつかると、病院では手術を薦めるようです。

腰痛の手術で最も多く行われるのが腰椎固定術というものです。
邪魔な骨を削って、代わりに金属や他の部位の骨を移植する手術です。

腰推固定術は現在米国で行われる全ての脊椎手術の約50%を占めるものの
有効性を示す科学的エビデンスは得られていない・・と言われてます。

・・・・・・・・・・・・・

2010年10月のNEWSWEEK日本語版に
USAにおける 無駄医療仕訳という記事がのっていました。

それによると、
 
2007年には、少なくても35万件の脊椎固定術が行われ
費用は262億ドルにのぼった。
脊椎固定術は、骨折や腫瘍などが原因の一部のケースを除けば
治療効果は期待できない。   

国際腰痛学会の調査では、すべり症、脊椎間狭窄症での腰椎固定術で   
752人のうち術後1年間継続して働けたのはわずか6%

だが、1回7万5000ドルも取れるので、病院ではやめるわけにはいかない。

・・・・・

膝の変形性関節症の関節鏡視下手術の効果は、偽手術と同程度。
効果があっても、プラシーボ(偽薬)にすぎない。

それでも、整形外科医は6000ドルを請求できるこの手術を今も続けている。

・・・・・

大半の腰痛は筋肉の緊張によるもので、画像では原因はわからない。
手術は大きな危険を伴うものの、効果は市販薬や運動、休養と変わらない。
腰痛の発症から6週間以内にMRI検査を行うのは、意味がない。
手術件数とコストを増やすだけ。


びっくりしてしまいますが、
USAでは、こういった情報が 公になるだけまだましなのかもしれません。
 

◎ 腰痛の85%は原因不明

2013年に、「クローズアップ現代」で 整形外科学会の先生が
「腰痛の85%は原因不明」と言ってました。
 
厚生省のレポートによると
原因のはっきりした腰痛は、全体の15%です。
 
内訳は

椎間板ヘルニア・・・・・・・・・・・・4~5%
脊柱管狭窄症・・・・・・・・・・・・・4~5%
圧迫骨折 ・・・・・・・・・・・・・・・4%
感染性脊椎炎や癌の脊椎転移 ・・・・・・1%
大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患 ・・・1%未満


一方、原因がわからない腰痛は85%にのぼります。


しかも、原因のはっきりした15%の腰痛でも、
 
・椎間板変性、ヘルニア、狭窄、骨棘のような構造上の異常所見は、  
  腰痛症状のあるなしにかかわらず、一般集団によくみられる
・腰痛既往者の47%は、MRI正常
 

つまり、画像検査に信憑性はないということであり、
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症も 腰痛の原因としては疑わしいということです。
 
ということは、骨折や感染、腫瘍など原因が完全に特定できるものは
全体の5%位しかないことになります。
 

◎ 原因は筋肉

腰痛の原因が骨や関節以外に思いつかなければ、
いつまでも85%は原因不明になります。

それでいて、番組の最後には、
予防のため同じ姿勢を続けないことが重要だといってました。

同じ姿勢でダメになるのは、骨や関節ではありません。
筋肉です。

同じ姿勢を続ければ筋肉にトリガーポイントができます。
それが腰痛を引き起こします。


なぜ、もっと筋肉に目をむけないのでしょうか?


【2013/11/30 14:29】 ・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<トリガーポイント治療とは | BLOG TOP | トリガーポイントの治し方>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://sakusaku0308.blog.fc2.com/tb.php/164-0d2db818


このページの先頭へ