治療院 咲々 (さくさく)
仙台市青葉区春日町7-19
法務局ウラ
TEL 022-265-0588

井穴刺絡

ドイツ振動医学

セルフケア

関連情報


問合せ

お気軽にご質問下さい。

メール送信へ

リンク

このブログをリンクに追加する

###

Powered by FC2ブログ All Rights Reserved. / Template by chocolat*
HOME>関連情報

関連情報


トリガーポイント関連情報

ツボ、トリガーポイント、チャップマン反射 
ストレスと痛みの悪循環  


温熱療法関連情報

スマーティ 風呂やサウナとの違い
スマーティ 皮脂腺からの汗は最強のデトックス


井穴刺絡関連情報

気と色即是空  東洋思想の不思議 「私はあなたです」? 
爪もみ療法のルーツも井穴刺絡   




[READ MORE...]
【2013/08/30 09:56】 ・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
HOME>関連揉法>ツボ、トリガーポイント、チャップマン反射

ツボ、トリガーポイント、チャップマン反射


よくツボとTPが比較されます。458_thumb.gif 

TPの70%は東洋医学の経穴と一致するとも言われます。 

東洋医学では、昔から体の不調は
体表上に圧痛や冷感などとして表れるとしています。 
 
反応が表れやすいポイントを経穴(ツボ)と表現していました。
その中で、経絡上にあり特に汎用的なものには
足三里とか三陰交など特別に経穴名がつけられました。
 
ただ、それ以外にも圧痛などの反応が表れている場所は阿是穴と呼ばれ、
大事な治療ポイントとしてとらえられています。

その考えでいくと、
圧痛のあるトリガーポイントはすべて阿是穴であると言え、 
すべてのトリガーポイントは経穴の一種であると言えます。 
 

一方、トリガーポイントという言葉は、
以前は筋肉中央部にある セントラルトリガーポイントを指していました。

ところがいつのまにか、骨に付く腱の部分も
付着部トリガーポイントとして 定義されるようになってきました。
 
その定義でいくと、圧痛のある個所は、
筋肉でも腱でも、体中どこでもトリガーポイントだと言えるようになります。 
 

東洋医学で肩こりの治療で使うツボは肩井(けんせい)といいますが、
それは、僧帽筋のトリガーポイントに相当します。 
 
東洋医学では、
肩井に指圧したり、鍼を刺したり、灸をしたりして肩こりを軽減させます。

昔の人びとは、
トリガーポイントなどという名前は知らなくても、 
肩こりになると肩井の部分が硬くなり、
触ると圧痛があり、 それを弛めると肩こりがラクになる
ということを知っていたのだと思われます。
 
結果的にトリガーポイントの治療をしていたのかもしれません。


TP治療をする人は、
僧帽筋のTPをリリースすることで首や肩などの関連痛が軽減し、
肩こりがラクになると思い施術します。


結局は同じ事をしているのかもしれません。


つまり、トリガーポイントとツボを区別しても、たいして意味はないかもしれません。

トリガーポイントは関連痛が出るといいますがツボでも響きがでます。


もうひとつ似たようなものに
オステオパシーで使われるチャップマン反射があります。

臓器のリンパの流れが滞ると特定の部位に硬結ができ、
触ると圧痛があります。

特に胸骨や肋骨の際(きわ)に多くみつかります。
呼吸器系や消化器系の症状の方を治療するとき、
チャップマン反射の場所を覚えておくと便利です。


ツボも、トリガーポイントも、チャップマン反射も
すべて、診断ポイントであり、治療ポイントでもあります。
 
触ってなんの反応もない所をいくら治療しても効果はでません。 
 

大事なことは
圧痛のある場所をしっかり探し、
その圧痛が和らいでいくよう治療すること。

いつの間にか、体の中までラクになっていきます。



[READ MORE...]
【2013/08/28 12:32】 ・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
HOME>関連情報>ストレスと痛みの悪循環

ストレスと痛みの悪循環


434_thumb.gif◎ 痛みの感じ方は人それぞれ

体は刺激をキャッチすると、その情報を脳に送ります。
脳はその刺激情報を解析し、熱い、痛いなどの感覚を発生させます。
 
この時、すべての刺激情報が脳に送られるわけではありません。 

それぞれの刺激量を、5とか10とか判断し、
例えば10以上の痛みであれば、脳に情報伝達するような
仕組になっています。

一方、脳からもエンドルフィンなどの痛みを抑制するホルモンが出ます。
 

最終的に10の刺激量で痛みを感じるとすれば、
10の値を痛覚閾値(いきち)といいます。
 
痛覚閾値は、人によって、状況によって変わります。


◎ 痛覚閾値の高い人

痛覚閾値の高い人は、痛みを感じにくくなります。

例えば、運動選手の場合、
試合や練習時に痛みを感じるのは不利になるので、
閾値が高くなる傾向があります。

怪我をしても、無理して運動が続けられる状態です。

これを続けると、気がつかないうちに 損傷が広がってしまいます。


◎ 痛覚閾値の低い人

逆に、繊細な人、不安感の強い人は痛覚閾値が低くなる傾向があります。

痛覚閾値が低くなると、ちょっとしたことを痛みや苦痛と感じてしまい、
よりつらい状況を引き起こします。

脳は痛みの情報を受け取るたび、
大変なことが起きていると判断し、 目いっぱい体を緊張させます。

アドレナリンを出したり交感神経を興奮させるので、 血流が悪くなります。
血流が悪くなると、酸素も不足します。
酸欠になると、疼痛物質がでて、ますます痛くなります。

痛みや不安で夜眠れなくなり、 体は疲弊し、
痛みも不安もより大きくなります。


これを「痛みの悪循環」といいます。

ある程度の痛みの悪循環は、当たり前のことで、
特に心配することはありません。
 

◎ 脳が痛みを作る

問題なのは、このような状況が長期間継続することです。

はじめは単に腰を捻った程度の腰痛が
いつまでも治らないと、怒り、不安など様々な 感情が芽生えます。

場合によっては、薬の副作用や、手術の後遺症なども 出始めます。

すると、痛みの悪循環で、ますます血流が悪くなり激しい痛みとなります。
脳は痛みを警戒し、さらに敏感になります。
痛覚閾値も下がっていきます。


元々は、筋肉のトリガーポイントレベルに過ぎなかった痛みを
脳が拡大解釈し、新たな痛みを上乗せするような状況になります。

繊維筋痛症などで、
「血管の中をガラスが流れてるよう」などと表現する方は、
このような状況になっていると思われます。


つまり、脳が勘違いして痛みを拡大している状況です。


◎ 心因性疼痛

また、閾値が下がっている人は治療効果を感じづらくなります。

例えば、治療で痛みのレベルが10⇒8になると
閾値が10の人はラクになったと実感します。

ところが、閾値が5の人は、
同じ治療で10⇒8になっても 良くなったとは感じません。


このような状況で病院にいくと、治療効果もはっきりせず、
「どこも悪くない」 「気のせい」 などと言われたりすることもあるようです。

そして、「心因性疼痛」などと診断されます。


こうした状況になると
元々のトリガーポイントを取り除くことも大事ですが、
脳の勘違いで上乗せされた部分を取り除く必要がでてきます。


◎ まず気づくこと

「不安、怒りなどの感情は痛みを増加させる」
「痛みの悪循環で、脳は痛みを拡大解釈することもある」

痛みの悪循環から抜け出すには、
このような事実を知ることが大切です。


脳の勘違いによる痛みの増加分は、
悪循環のメカニズムを知ることや、 勘違いに気づくことで解消されます。
(元々、存在する痛みではなく、脳が勝手に作った痛みです)

ただ、それができるのは本人だけ。
 

強烈な痛みを感じているる当人は 
「メンタルが原因の痛み」とか 「脳の勘違い」などと言われても納得できないはず。
 
まずは、生理学的にそういうことも起こりうるということを
冷静に理解することが必要です。


ネガティブな感情を持たないで、
前向きな気分でいられるよう訓練する、

自律訓練法、認知行動療法、運動する、温める、 食生活や生活習慣を改善する、
いろいろなセルフケアを試してみる・・・などなど。

病院で一時的に薬を処方してもらったり、
治療院などでリラックスできるような 施術を行うことも有効です。


まず仕組みを知り、
「自分でも、やれるだけのことはやる」
という気持ちが大切かもしれません。



[READ MORE...]
【2013/08/28 12:25】 ・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
HOME>関連情報>遠赤外線は熱くないから温まる・・風呂やサウナとの違い

遠赤外線は熱くないから温まる・・風呂やサウナとの違い


428_thumb.gif 体の表面には熱を感じるセンサーが沢山あります。
温受容器といいます。
やけどしないためや、
体温調整をするためのものです。

サウナやお風呂に入ると体は温まります。

このとき、お湯や蒸気を通じ、
熱は体の表面から伝わっていきます。
(これを熱の伝導といいます)
表面から先に温まり、
だんだん深部が温まっていきます。

ところが表面が熱くなりすぎると、
温受容器が沢山ありますから、
脳に「熱い熱い」と信号を送ります。
そして、深部が温まる前に体は熱いと判断します。

我慢強く健康な人でなければ、
長い間入っていることはできません。

熱いと感じるわりには、
深部はそれほど温まっていません。


一方、遠赤外線の場合、熱伝導ではありません。

遠赤外線は、それを吸収した物質の
分子運動を活発にさせます。
その分子同士が衝突することによって
熱が産出されます。
(これを熱の輻射といいます)

ですから、遠赤外線の場合、
熱は体内から発生します。

体内で発生した熱は
深部にも伝わりやすくなり、
体が熱いと感じる頃には、
表面も内部も均等に温まっています。


遠赤外線の場合、熱さを感じないからこそ、結果的に芯まで温まります。 


・・・・・ 


さらに、
お風呂の場合、水圧の問題があります。
しかも座っているため、心臓への負担は大きくなります。
ドームの中で寝るのに比較して長くは入っていられません。

サウナは、高温で、
心臓への負担はさらに大きくなります。


スマーティは、お風呂やサウナに比べると、
簡単に 体の芯まで温めることができるのです。 



[READ MORE...]
【2013/08/24 15:02】 ・・遠赤外線は熱くないから温まる・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
HOME>関連情報>皮脂腺からの発汗は最強のデトックス

皮脂腺からの汗は最強のデトックス


425_thumb.gif 体内の老廃物、有害物質は尿、便、呼吸、汗から排出されます。
その中で、汗が最も効率よく、有害物質を排出します。


汗には2種類あります。
汗腺から出る汗と皮脂腺から出る汗です。

汗腺からの汗は、
きれいなサラサラした汗で、主に体温を下げる目的で出されます。
日常生活でかく汗はほとんどが汗腺からのものです。

皮脂腺からの汗は、
有害物質や老廃物を含んだ汚い汗です。
水銀、ヒ素などの有害物質や老廃物は
脂肪にたまり、皮脂腺からの汗とともに排出されます。


低体温の人や運動しない人は、
なかなか皮脂腺からの発汗はできません。

その結果、
体の中に老廃物やら有害物質を
ためこむことになります。
それが
さらなる代謝機能の衰えを引き起こします。

30Kmのジョギングでやっと皮脂腺からの汗がでます。

入浴などで出すには、相当頑張らなくては、
皮脂腺からは汗が出ません。
すぐに出るのは汗腺からのものです。
サウナ、温泉、岩盤浴すべて同様です。


スマーティに入ることにより
皮脂腺からの汗も、特段の努力なしに出せます。 

ただ、寝てるだけで。
熱くて苦しくなるわけでもなく、
呼吸が苦しくなるわけでもありません。

便秘が美容や健康の大敵であるのは、
誰でも納得ですが、
余分な老廃物や有害物質も
便秘と全く同様です。


スマーティでかいた汗を分析した結果、
ダイオキシン、活性酸素などが 検出されました。 
(活性酸素の検出は、ESR法と呼ばれる波形を分析する方法で
確かめられるとのことです)

農薬、体臭、加齢臭、二日酔にも有効です。 

では、 
内部被曝の際の放射性物質はどうなのでしょう。 

放射線の害は、
活性酸素を発生させ、
DNA障害を引き起こすことにより生じます。

活性酸素も除去できそうだし、
ダメもとでやってみても損はないかもしれません。

血流改善→免疫力UP(NK細胞の活性化)→ガン細胞の増殖抑制
・・・なども、期待できるかもしれません。





[READ MORE...]
【2013/08/22 15:03】 ・・健康な人の汗は汚く、不健康な人の・・ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
HOME>関連情報>気と色即是空  東洋思想の不思議 「私はあなたです 」 ??

気と色即是空
東洋思想の不思議 「私はあなたです 」 ?? 


440_thumb.gif 東洋思想では一切のものは
「気」からできている
と考えています。

原子や分子や素粒子、それらをも構成する極小の極小の
さらに極小の物質みたいなもの・・・
それが気です。

目にはみえない気が無限に集まり、
それらがすべての物質を構成しているのです。 


東洋医学も同様の前提です。
体内をくまなく気がめぐっており、
その気が滞りなく流れていれば
人間の生命力は維持できる、
としています。

ですから、
東洋医学の本質的な目標、それは体内の
気の流れをスムーズにしていくこと
なのです。


話は大きくそれます。

仏教の(くう)とは目に見えない気が
全宇宙に広がっている状態を意味します。
(しき)とはその目にみえない気が集まり、
ひとつの物質を形成し
目に見える形になったものを意味します。

ですから、
すべての物体が
原子や分子の集合体であるということは、
結局は
気の集合体(=空)でもあることを意味します。

それが「色即是空、空即是色」になります。

東洋思想ではその
空こそが神(創造主)であるとしています。
ですから一切は神なのです。

もし
この宇宙をはるか遠くから眺めることができるのなら、
無数の星々がきらきらと瞬くのが見えるはず。
それはまさに神が踊っている姿だとし、
「Cosmic Dance」と呼んでいます。  
そう、
この大宇宙の営みはシバ神の踊ってる姿だったのです。


ですから、
ひとりひとりの人間も神の一部です。
神の分身です。
自分が楽しくて笑い転げていても、
悲しくて泣き崩れていても
それはすべて「Cosmic Dance」の一部。

遊んでいても、働いていても、
神様の踊りの一部だと思えば気楽になったりして。
死のうが生きようが、どっちみち神の一部。

東洋思想っていいですね。
ワタシもアナタも生まれながらにして神なのです。

西洋では、人間は神が創ったものです。
ですから、人間と神様は別。
でも東洋では人間は神そのものです。 


キリスト教とかイスラム教みたいに
神の世界に入るために
必死こく必要がないのです。
・・余裕なんです。
最後の審判とかそんな恐いものはありません。
どうでもいいんです。


東洋思想では

「私は神(の一部)です」
「あなたは神(の一部)です」

だから 「私はあなたです」  

・・そうなってしまうのです。

・・・・


ついでに補足をもうひとつ。

今のべた「一切は神である」
という考え方を汎神論といいます。

タオイズムのタオとか、
ヒンズー教のブラフマンとか、
密教の大日如来なども、
上記の空(くう)の概念とほぼ同様です。


東洋の考え方ってNICEだと思いません?





[READ MORE...]
【2013/08/20 19:15】 ・・補足)気って? 東洋思想の不思議?? | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
HOME関連情報>つめもみ療法のルーツも井穴刺絡

つめもみ療法のルーツも井穴刺絡


438_thumb.gif
最近、巷で「つめもみ療法」というのがはやってます。
薬指はやったらダメとかいうやつです。
このつめもみ療法を考案したのは、
「薬は飲むな」とか「ガンの治療を受けるな」など
ガンガン本に書くことで有名な
新潟大学の安保徹先生と
臨床をなさってる福田稔先生のおふたりです。

当時、
安保先生たちは自律神経のアンバランスが
ほとんどの病気の原因である、
ということを確信しており、
その自律神経をコントロールするための
良い方法がないかを模索しておりました。

たまたま、
自律神経を簡単にコントロールできる
井穴刺絡という治療法があることを知り、
浅見鉄男先生(井穴刺絡創始者)
のセミナーに参加しました。

そこで、
安保先生はみずから
治療のモデルになったとのことです。
そして、
浅見先生の治療で即座に、
長年の肩こりが改善されたため、
大変驚き、
井穴への刺激の有効性を
認識したとのことです。

そして、
その経験からより万人向けの
「爪もみ療法」がうまれました。


井穴を刺激する方法には、
爪もみ、お灸、鍼などいろいろあります。

ただ井穴を刺激し経絡を疏通させる効果としては、
刺絡が比較にならないくらい優れています。 
爪もみ<鍼灸<刺絡 
それぞれ数十倍の効果の違いがあるといわれてます。


これは決して爪もみに効果がないというわけではありません。

一般的に体が弱ければ弱いほど、
より少量の刺激に反応します。
体が衰弱していたり、刺激に敏感な人は、
井穴をもむだけでも十分に効果がでるケースもあります。


ただ普通の人には井穴刺絡が圧倒的に効果的です。



[READ MORE...]
【2013/08/18 17:01】 ・・補足)つめもみ療法のルーツも井穴刺絡 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |